そばかすを消すサプリとは?

 

そもそもそのシミはそばかす?シミの種類を学ぶ

 

 

シミが出来てしまうと、ほとんどの女性は嫌な気持ちになってしまうでしょう。そして、シミを薄くしようと努力をする人がほとんどだと思うのですが、シミにも種類があります。そのシミの種類に合わせて対策をしていくようにしなくては、なかなか改善させることは難しいかもしれません。

 

シミをなくして美白にしていきたいのであれば、シミの種類やそのシミの特長についても知っておかなくてはなりません。

 

老人性色素斑

 

シミの種類の中で一番知られているのは、この老人性色素斑出はないでしょうか?おでこや頬に出来やすいシミになっています。これまで浴びてきた紫外線のダメージの蓄積が老人性色素斑の原因だとされています。しっかり美白化粧品でケアをすることによって、徐々に改善させることも可能になっています。

 

肝斑

 

女性ホルモンの分泌が崩れてしまっていることが原因であると考えられているのが肝斑です。左右対称にシミが出来てしまっているのであれば、この肝斑だと考えていいでしょう。

 

ピルを服用したり妊娠をしたら、肝斑ができてしまったという人が多いのですが、これもホルモンバランスが崩れてしまっていることが原因です。

 

肝斑の場合、美白化粧品で十分に改善させることも可能なのですが、美白化粧品を使わなくなってしまうと、再び肝斑が目だってしまうということが多いです。なお、妊娠をしているのであれば、美白化粧品を独断で使用するか決めるということはしないでください。必ず産婦人科医の許可をもらってから使用しましょう。

 

炎症後色素沈着

 

炎症後色素沈着というのは、虫刺されや剃刀負け、ニキビ跡などといった炎症の後に出来てしまうシミになっています。炎症後色素沈着の場合も、美白化粧品である程度改善させることが可能なのですが、完全に解消するというのは難しいです。

 

また肌が弱い場合は、炎症もそれだけひどくなってしまうことが多いですので、炎症がひどいのであれば、皮膚科で治療をしてもらったほうがいいでしょう。

 

脂漏性角化症

 

シミがイボのように盛り上がってしまっているのが特徴的で、老人性イボといわれていることもあります。初期段階は、一般的なシミと変わりないのですが、年齢を重ねていくと盛り上がっていくのであれば、脂漏性角化症と考えていいでしょう。イボのような状態になってしまっているのであれば、いくら日はくけ商品を使っても改善させることは難しいです。皮膚科で専門的な治療を受ける必要があるでしょう。

 

脂漏性角化症というのは、腫瘍ですので、もしも若いのに、いぼのようなものができた場合も、悪性腫瘍ではないか病院で調べてもらうようにしてください。

 

光線性花弁状色素斑

 

海などに行って日焼けをした結果、大量の水ぶくれが出来てしまったりします。この水ぶくれの後にできてしまうシミが光線性花弁状色素半です。花弁のように広がっているため、このような名称になっているのですが、肌の色が白いほど光線性花弁状色素斑になりやすい傾向があります。

 

事前にしっかり日焼け止めを塗ることによって対策をすることも出来るのですが、シミになってしまった場合、美白化粧品だけで解消させることはほぼ無理です。完全に消滅させたいのであればレーザー治療をしなくてはなりません。

 

そばかすの予防法は?

 

第三者から見るとそばかすというのは、一種のチャームポイントに見えたりすることもありますが、本人からすればコンプレックスだということが多いです。このそばかすというのは、紫外線などといった後天的な原因と、遺伝的な先天的なものがあります。

 

遺伝性によってそばかすになってしまっているのであれば、子供の頃からそばかすが出来てしまいます。ですので、対処をすることはできないのですが、成長していくとそばかすが目立たなくなるということが多いです。後天的な要因のそばかすの場合は、対策をしていくことで防ぐことも可能です。

 

紫外線によってそばかすが出来てしまうことが多いのですが、逆を言えば紫外線対策をきっちり行うようにすれば、そばかす予防をすることも可能だということになります。

 

効果的な対策は美白化粧品を使う以外にもそばかすサプリもおすすめです。そばかすの原因となるメラニンを抑制する成分が含まれています。

 

そばかすというのは紫外線を浴びすぎてしまって、大量のメラニン色素が出来てしまうことが発端になります。ですので、そのメラニン色素を作らないように紫外線対策をすることがとても重要になるのです。

 

若い頃であれば大丈夫だと考えている人もいるでしょうが、紫外線によるダメージというのは蓄積されていくものです。ですので、若い頃はそばかすが出来なかったとしても、ある程度年齢を重ねていくと、若い頃のダメージがそばかすとして出てしまったりすることも多いのです。なので、後で苦労しないようにするためにも、若い頃から紫外線対策をしたりケアをしていくことが大切です。

更新履歴