銀行カードローンの利便性


私は普通のサラリーマンをしております。
とある事情により妻から銀行のカードやクレジットカードを持たしてもらえずにいました。
お金はおこずかい性なので月末はかなり手持ちのお金は寂しい状態でした。

会社に入社したてのときは特に困った事もなかったのですが、仕事上の役割が上がっていくにつれ、取引き先の方々からの誘いが多くなり、少し前までは取引上大事なときでも月末であれば以前は断っていたりもしましたが、やはり出世をするためには取引先との関係構築をするためにある程度の接待は必要だと思います。
飲みにいくことを誘われたとき、取引先の方に給料日まで待ってくださいという答えは失礼です。
また、私の会社は接待費が経費としておりません。

そのため私は、消費者金融を考えました。
本当にいいのかと思いましたが、相談窓口の方が親身に相談に乗って下さって、私の生活に合ったお話をして頂きました。
利息に関しても、自分が思っていたものよりはずいぶん安く感じました。

将来のことを考え、若いうちは無理してでも、接待に参加することによって学ぶことがたくさんあると感じております。
そして将来接待される側の地位にまでたどりつけるよう日々努力しております。
もし消費者金融がなければ私は永遠に接待を断り、現在の会社でのポジションにつくことができなかったと考えます。

消費者金融は使い方さえ間違えなければ、すぐに融資してくれるパートナー的存在だと感じております。


ページTOPへ